2010年02月07日

北朝鮮不正輸出事件初公判 貿易会社役員ら起訴内容認める(産経新聞)

 貿易会社の役員らが全面輸出禁止措置となっている北朝鮮に日用品を不正輸出していたとされる事件で、外為法違反と関税法違反の罪に問われた貿易会社「スルース」(大阪市)、同社役員の中西伯子(62)と同社員の池山正記(73)両被告に対する初公判が4日、神戸地裁(奥山豪裁判官)で開かれた。両被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、両被告は禁輸措置を知りながら生計のために輸出を繰り返したと指摘。「池山被告は不正発覚を防ぐための方法を中国の業者と話し合っていた」と述べた。

 起訴状によると、中西被告らは、昨年8月13日、神戸港から日用品(590万円相当)を中国・大連に輸出すると偽り、北朝鮮の商社に輸出。さらにぜいたく品が禁止されていた平成20年10月1日、化粧品などを不正に輸出したなどとされる。

【関連記事】
北朝鮮への不正輸出で貿易会社社員らを起訴 神戸地検
北朝鮮不正輸出 始まりは1本の電話、巧みな北の接触
北朝鮮不正輸出事件で社長を追起訴 神戸地検
ミサイル関連物資、北朝鮮に不正輸出 都内の商社強制捜査
ミサイル関連物資、北朝鮮に不正輸出 商社を強制捜査へ

羽田離陸直後に左エンジンから出火、緊急着陸(読売新聞)
米倉氏の政策聞きたい=鳩山首相(時事通信)
本州に飛来のトキ、再び佐渡へ=昨年3月に続き2例目−新潟(時事通信)
【新・民主党解剖】第3部 沈黙の帝国(上)不起訴で「盛大な前夜祭」(産経新聞)
「仕事評価されず恨み」=勤務先データ2万件削除−元社員逮捕・警視庁(時事通信)
posted by マツザキ ノブユキ at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。