2010年03月19日

覚せい剤譲渡で無罪=相手の供述「信用できず」−岐阜地裁(時事通信)

 覚せい剤を譲り渡したとして、覚せい剤取締法違反罪に問われた岐阜市の会社員男性(47)の判決公判が16日、岐阜地裁であり、田辺三保子裁判長は無罪(求刑懲役2年、罰金20万円)を言い渡した。
 田辺裁判長は、譲り受けたとされる女性の供述に関し「記憶は混乱・減退しており、信用できない」と判断。その上で、男性について「密売への関与は疑われるが、責任を負うと認めることもできない」と述べた。
 男性は、2008年4月に岐阜市の路上に止めた車内で、女性に覚せい剤0.4グラムを代金2万円で譲り渡したとして、同年10月に起訴された。男性は公判で「譲り渡していない」と無罪を主張していた。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側
尿から覚せい剤成分=「使用」でも立件へ-JAYWALK中村容疑者・警視庁

<高リスク妊婦>ヘリ搬送が増加 全国で毎年100件超(毎日新聞)
事故処理中の警官ら5人重軽傷=パトカーや救急車も被害−栃木(時事通信)
札幌の老人介護施設で火災、中に数人か(読売新聞)
「もみ合い刺さった」殺意否認=漁船員殺害の裁判員裁判−釧路地裁(時事通信)
田中真紀子氏、首相を酷評 小沢氏は称賛(産経新聞)
posted by マツザキ ノブユキ at 17:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。